ふるさとの税の特徴

テレビなどでも近年話題となっているふるさと納税ですが、どのような仕組みなのかがわからないという方も多くいます。
納税という言葉から、税金を支払っているのにさらに納税しなければならないのかと勘違いされているような方のためにこのページではふるさと納税の仕組みや多くの疑問を説明していきます。
まず、ふるさと納税の特徴ですが、これは自治体への寄附を行なうというのが特徴となっています。
この寄附金が個人で2,000円を超えた場合は住民税の1割ほどが所得税と住民税から引かれる制度となっています。
控除されるには確定申告が必要になるなどの条件がありますが、利用することでかなりお得に納税することが出来ます。
このことを知っているだけでもかなりお得に過ごすことが出来ます。

ふるさと納税を行なうことによって様々なメリットを得ることが出来ます。
最近では、多くの方が利用しているのですが、寄附した地方自治体から寄附してくれたお礼としてお米やお肉、海産物などの地元の食材が送られて来ることや、安く地元の特産物などを購入することが出来るようになるので、普通に納税するよりもお得に納税することが出来ます。
多くの寄附をするとそれだけお得な特典を得ることが出来ますし、確定申告で寄附をしたと申告すれば、寄附した自己負担額はかなり少なくてすみます。
都道府県の自治体に寄附する金額が2,000円を超える場合、限度額などは指定されていますがこの限度額を超えなければ所得税や住民税が控除されるようになっています。
そのため、普通に納税するよりも2,000円多く支払うことによって多くの特典を得ることが出来ます。
寄附は自分が住んでいる地域じゃなくても行えるので、地元をでなくても様々な地域の特産品を手に入れることが出来るようになっています。

寄附の金額

近年では、多くの方がふるさと納税でお得に寄附をしています。この寄附の金額は自分で決定することが出来ます。あくまでも寄附なので税金とは異なりますが、寄附することによって税金の差し引きされるのでとてもお得です。

この記事の続きを読む

特産品と特典

最近では寄附した地方団体から寄附した金額に合わせてその地域の特産品や特典が贈呈されます。特産品が安く購入できたりなど、多くの特典を得ることが出来ることもふるさと納税のメリットと言えます。

この記事の続きを読む

クレジット決済

近年では、様々な決済方法が現れてきたので、この決済方法を使用する地方自治体も増えてきました。ふるさと納税も地域によっては便利なクレジットカードを使用して決済することが出来るようになっています。

この記事の続きを読む

使い道の選択が可能

自分の支払った税金がどのようなことに使用されているか分からないから不安という方もいます。しかし、ふるさと納税で寄附すると自分で税金の使用方法を選択することが出来るようになっています。

この記事の続きを読む